2006年10月31日

丸井今井に匠を発見

F1000606.jpg日本一の熱気の影で。

「北海道日本ハムオフィシャルショップ限定販売!
MVP男稲葉の58番復刻版レプリカがよみがえる!
岩本の復刻版レプリカも限定販売!
懐かしの限定ユニフォームです!是非この機会に!」

♪チャーチャチャチャチャー
なんということでしょう。

売れ残った在庫商品が、復刻版というキャッチコピーをまとって
限定グッズに早変わり。これぞ、匠のなせる技です。


…本当に日本語って便利ですね(・∀・)ニヤニヤ

優勝グッズ売れまくりの中、これは誰にも見向きされずにいました(笑
posted by napolin24 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

祝 ファイターズ日本一 WE ARE THE CHAMPIONS

F1000605.jpg

日本一。

にほんいち。

なんといい響きだろうか。

ファイターズが、4勝1敗で日本一。
頂点に立った。

その札幌ドームでの胴上げの瞬間に、立ち会うことができた。
これはまぎれもない一生の思い出だ。


今回の日本シリーズは、本当に楽しくてしょうがなかった。札幌ドームで試合を見ていても、負ける気がしなかった。
これまでに味わったことのない感覚だった。


そもそも自分にとって日本シリーズは、「負」の歴史以外の何物でもない。
ブライアントに魅了されて近鉄ファンになっていた1989年。巨人ファンの親に嘲笑されたあの時の悔しさを糧に、自分はパリーグファンを続けてきた。

それから十数年。うちの親は巨人の体質に僻易し、野球さえ見なくなっていた。
そこに、ファイターズが現れた。
ファイターズが北海道に野球の素晴らしさを教えていったのと同時に、
うちの親もいつしかファイターズファンになっていたことは言うまでもない。


北海道のファイターズファンには、このように他チームのファンから乗り換えた人が少なくない。(自分含)
だから、この熱がいつまで続くかという不安がないわけではない。
事実、この優勝メンバーで去就がはっきりしない選手もいる。


しかし、先のことはどうなるかわからない。
かつて、ファイターズがこうして生まれ変わることを誰も予想していなかったように。


だから今はとにかく喜びに浸ろう。

今年は、ファイターズファンが他の11球団のファンの分まで喜びを独占できるのだから。

俺たちが勝者だ!!!
posted by napolin24 at 03:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日ハム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。