2006年12月10日

だが、そこに魂はあった。 天皇杯札幌×新潟

 今日はサッカーを見に行ってきた。

天皇杯5回戦 コンサドーレ札幌×アルビレックス新潟 の一戦。

 東京に来てから、野球は何度も何度も見に行っているけどサッカーはほとんど生で見たことがなかった。昔、札幌にいたころは地元ということもありコンサドーレを熱く応援していた時期もあったのだけれど・・・

 そんな中天皇杯でコンサドーレがジェフに金星を挙げたおかげで、この時期にコンサドーレの試合が関東で見られることとなった。
 試合会場は、千葉県・蘇我のフクダ電子アリーナ(通称・フクアリ)ジェフ千葉のために最近できたばかりのスタジアム。
新しいスタジアムに入ってみたい気持ちも手伝って、東京から千葉まで片道2時間の道のりを行った。

フクアリは、鉄骨が剥き出しになっていたりするなど『費用を最小限に抑えました』ということが見てわかるスタジアムになっている。
ワールドカップとともに建てられたスタジアムが次々赤字となっている中、
こうした身の丈にあわせたスタジアムには素直に好感が持てた。

1000709ari1.jpg

 肝心の試合は、J2対J1の対決ということもあり、コンサドーレ側の席に陣取ってはみたもののほとんど期待していなかった。
 前半なかば、あっさりと新潟が先制。そのほかにも危ない場面が多々あり、このあと新潟の大量点かとの思いがよぎる。
しかし、なんとコンサドーレが砂川の見事なシュートで同点に追いついて前半を終える。後半へ向けて、一気にテンションが高まってくる展開となった。


 そして後半。立ち上がりにまたしても砂川のゴール!札幌が逆転!J2の札幌がJ1の新潟をリードする予想外の事態!

そして刻々と時間は過ぎていく・・・残り10分。

 このままいけば、このまま・・・と思いを馳せた瞬間だった。キーパーの、エリア近くのボール処理の凡ミスからあっさりと同点ゴールを許す。
「終盤に弱いコンサドーレ」
かつて熱心に見ていたころから、そういった部分だけはまったく変わっていない。
思わずため息が出る。

 そのまま90分が終了。延長戦へ。

 お互いに何度かチャンスを作る展開。とにかく早く決まってくれと、思うのだが願いは通じず延長戦でも決着はつかなかった。
PK戦へ。

 ここまで来たら、もう負けるわけにはいかない。

 始まったPK戦は、両チーム一本のミスもなく続いていく。
毎度毎度の味方キーパーへの声援もむなしく、5人、6人、7人、次々と決められていく。
そして8人目。 
まず札幌の選手が大ブーイングの中PKを決める。
続いて新潟。蹴られたボールは、札幌のキーパーがはじき出していた。


 勝った!!!


 そしてその瞬間、場内のビジョンには泣いている札幌のキーパーの姿が映し出された。
自分のミスで同点にされてしまった試合。でも最後は自分の力で勝利をつかんだ。
その上での涙なんだなと思うと、熱いものがこみあげてきた。
最後までスタジアムを後にすることなく本当によかった。
J2のチームとして唯一の勝ち残り、そしてベスト8進出。
柳下監督へのせめてもの恩返しになっただろうか。

1000713ari2.jpg

 満足な気持ちとともに空を見上げた。
すっかり暗くなった上空の色が、この試合の激闘を物語っていた。
posted by napolin24 at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ジャパンカップのダートだけを見に行く in東京競馬場

 行って来ましたよ。
ジャパンカップダート(GI)in東京競馬場。

 明日はジャパンカップなわけですが、こちらは都合が悪くリアルタイムでの観戦すら叶いません><
 なので、ジャパンカップダートだけでも見に行こうということになりました。
こんな人、他にいるかな・・・?


 ほぼ1年ぶりの府中。

 1000678jcd2.jpg

 お目当てはこのターフビジョン。
これをなんとしても見ておきたかった!(正直、JCダートよりこっちのほうがよっぽど大事。)

 これまでのターフビジョンの3倍の大きさだけあって、迫力は凄い。
通常は3分割して、馬の様子や倍率などをさまざまに表示しているのだけど、
メインレースの出走前には、ターフビジョン全面を使ってVTRが流された。
これには、思わず言葉を失った。

 やばい。もう他の競馬場には行けない。

(特に全国一ボロい札幌競馬場にはもう絶対行けない、なんてさすがに言えないけど…)


 肝心のレース。

 今回の1番人気を集めた馬は、シーキングザダイヤ。

かなりの良血(母馬は競馬ファンなら誰でも知る名馬)なこともあるのだけど、
それ以上に成績が凄い。


(2005年)
川崎記念    (3番人気) クビ差で敗れる。
フェブラリーS (5番人気) 1と1/4馬身差で敗れる。
南部杯     (5番人気) 1と1/4馬身差で敗れる。
ジャパンCダート(11番人気) ハナ差で敗れる。
東京大賞典   (2番人気) 1と1/2馬身差で敗れる。
(2006年)
川崎記念    (1番人気) クビ差で敗れる。
フェブラリーS (2番人気) 3馬身差で敗れる。
JBCクラシック (1番人気) 1と1/2馬身差で敗れる。


ここ2年で、GIレースで8回も2着になっているのだ。

これほどまでのケースは世界全体を見渡しても極めて稀なものであるといえる。(wikipediaより)


そして、今日はこの馬に武豊が乗った。
悲願のGI制覇を今日こそ果たすために…


そして結果は…


1着 アロンダイト    騎手:後藤浩輝
2着 シーキングザダイヤ 騎手:武豊 1と1/4馬身差


さすがとしか言いようが無い。

個人的にはこういう馬は大好きだったりします。
勝ってほしいようなほしくないような・・・

1000673jcd1.jpg

ということで私にとってのジャパンカップは本日で終了しました。
ありがとうございました。
posted by napolin24 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

菊花賞観戦記 完結編! そして、もうひとつの三冠へ!

(10/30より続く)
さあ、いよいよレースが迫ってきた。
スタンドに出てみるが、人人人。府中ではいつも、ゴール板を過ぎたあたりのところに駆け込む形だけど、どうやらゴール近くまで行くのも無理だということで、直線の入り口のあたり、ビジョンが見えるところに位置どった。

 そして本馬場入場。関西の競馬場は初めてなので、「ああ、あの中継と同じテーマ曲での入場が競馬場で見られるのか!」と大変期待していた。
(個人的に、関東GIの競馬場で流れる本馬場入場のテーマは好かない。フジテレビのテーマに慣れすぎてしまった)

 しかし、馬は入ってきたが、音楽は聞こえない・・・いや、かすかに聞こえる??
どうやら、大音響はゴール前付近のみに流れていたようだ。遠すぎたか・・・臨場感を味わえず残念。この菊花賞で唯一の心残りとなった。

 私の予想は、これまで弥生賞、皐月賞、ダービー、神戸新聞杯、すべてアドマイヤジャパン◎だったが、
菊花賞はさすがにディープインパクトを本命で、相手は悩んだがアドマイヤジャパンには見切りをつけ、長距離適正から選びアドマイヤフジにした。ディープからの馬単一点勝負にした。

 そして、いざ三冠をかけた菊花賞のゲートが開いた。
一週目の直線、目の前でディープが行きたがるのを目にしたときは、これは・・・と心配になった。そしていよいよ最後の直線。来るのか?来るのか?「ディープ、来てくれー!」初めて心の奥からそう思った。しかし、心配などよそに、ディープは、華麗に大外からすべてを抜き去っていった。

 歴史的瞬間は訪れた。ディープインパクト、無敗で三冠達成。

sk.jpg
上空には「祝・三冠達成」と書かれた飛行船が飛んだ。

嬉しさと安堵の気持ちだった。と同時に、京都まで来たことは間違いじゃなかった、この場にいて本当によかったと思った。

そして2着は、アドマイヤジャパンだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浮気した私が悪うございましたね。

(やっとおしまい)

――――――――――――――――――――――

 で、何で今このタイミングでこれを書いたかというと、
実は、今日「もうひとつの三冠」を私は目にするかもしれないのです。

それは・・・駒大苫小牧による 夏甲子園制覇、秋国体制覇、に続いての
明治神宮大会制覇。


 今日、決勝戦です。
これに駒大苫小牧が勝つと、来春のセンバツは北海道からもう一校、合わせて二校が出場ということになります。

対戦相手は関西 (中国地区代表・岡山県)
北海道として、決して負けられない一戦。

私も、神宮球場に行ってきます。
歓喜の瞬間を迎えるために・・・
posted by napolin24 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

三冠を見に 菊花賞観戦記3 +天皇賞秋

1時半過ぎからパドックへと向かった。2階の席に照準を絞っていたが、行ってみるとすでに多くの人がおり、パドックが正面に見える位置は埋まっていた。しかし、出て行く人を見つけては詰めて、だんだんパドックに近づいていった。(少人数なので行動は早い)
 そして、最終的にはこの位置に落ち着いた。
p1.jpg

 ここから1時間以上待つわけで、なかなか大変ではあるが、ここで今回大活躍したのは100円ショップで売っている三脚型の折りたたみイス。一見頼りなく、大丈夫か?と思ったが実際座ってみると以外に楽で、長い待ち時間も苦にはならなかった。薦めてくれた友達に感謝。(そして帰路で、この100均イスが救世主となるのだが、このときは知る由もなかった)

 そして3時過ぎ、ついに菊花賞出走馬が入場してきた。7番ディープインパクトが6番の次に来なかったときには心配したが、10番シックスセンスの後に入ってきて一安心。
ただ、ディープが前のシックスセンスと非常に接近していたため、どうしても一緒に写ってしまう。
「ディープインパクト」の写真を撮りたいと思っていた人はさぞ撮影しにくかっただろう。私も結構苦労しました。

しょうがないので無理やりディープインパクトを切り貼りしてみた
deep1.jpg

いざレースへ(続く)

―――――――――――――
天皇賞秋 予想
ローテーションと鞍上の不安から、ロブロイを頭から外して2着予想。
ハットトリックは府中とぺリエで巻き返せるか?穴狙いで。
ホオキパウエーブ、藤田がアサクサデンエンに続いて大仕事の予感。
スイープ、宝塚をタップとの一点で逃したのでリベンジを期待。迷ったときは頭にしてます。
4−13,7−13,14−13の馬単で。

NHKスペシャル半分見逃してしまった。まあ再放送するでしょう
(月曜深夜にするそうです)

10/31追記
へヴンリーロマンスとは・・・ロブロイ2着は読めてたのに。悔しいなぁ
でも、松永騎手の馬上の敬礼を見たらそんなことはどうでもよくなりました。
ディープのときとはまた違う、感動をもらいました。最高に画になってました。(松永騎手はこれが最後の天皇賞になるんでしょうかね・・・)
間違いなく天皇賞の歴史に残る一シーンになるでしょうね。



posted by napolin24 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月29日

ディープ三冠を見に 菊花賞観戦記2

(前回まで)東京から初の京都へと菊花賞を日帰りで挑む私と友達。だが着いた京都は雨模様だった。

 京都駅に着いたわれわれは、競馬場めざし近鉄の京都駅へ。
車内は午前中ながら込んでいた。当然、菊花賞を目的の人も多い。京阪電車との乗換駅である丹波橋へ到着。鉄道好きでもあるのでテンションも上がる。
 まもなく京阪淀駅に到着。
ホームに降り立つ。気分が高まる。初めての京都競馬場だ。決戦がすぐに迫っていることを改めて実感。と同時に、東京からよく来たな自分、という気持ちにもなった。
kh.jpg

 淀駅から京都競馬場に直結しているわけではなく、市街地を歩いていく。広くない路地を群衆で歩いていくさまは、東京競馬場へ向かうときの西武線秋津→新秋津の乗り換えに雰囲気がよく似ていた。

 そして、ついに京都競馬場へ。
昼時だが、やはり人は多い。とりあえずパドックへ。傾斜がゆるいので、身長が高くない我々には厳しい。予想通りだった。
今度は馬場に出てみる。テレビでしか見たことのない景色が広がっていた。感動。とにかく写真を撮りまくってはしゃぐ。 だが、しばらくして考えてみると「やっぱり府中は広いね」という結論に達してしまうのであった。

 ひと通り京都競馬場を見て、時間は午後1時過ぎ。飯を食おうとしたが、並んでいるか売り切れか。結局、階段に座って焼きそばをほお張っていた。さあいよいよ、ディープインパクトを撮りにパドックに向かいます。
(続く)
posted by napolin24 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

ディープ三冠を見に・・・ 菊花賞観戦記 

 ディープインパクトがダービーを制覇した時点から、菊花賞はぜひ京都で見たいという思いはあった。が、具体的にはなかなか決まらず、10日前くらいに友達と行くことに決まった。だが、日程の都合上今回のスケジュールは日帰りだ。関西には何度か行っているが、今まで最低でも1泊2日で、日帰りは経験したことはない。さて、どうなるだろうか。


 10.23 朝7時
水道橋駅に集合。この付近は日常的に通るが、この時間に来たことはない。しかし、行ってみると周辺は結構人がいた。友達は、眠れなくて完徹で来てしまったらしい。今日一日大丈夫だろうか・・・そういう自分も1時間半しか寝ていない・・

 8時前 のぞみでいざ京都へ。
 友達は東海道新幹線には初乗車。というか関西も初めて。
本来なら2人とも新幹線で寝て睡眠時間を確保するはず、だったが
この始めてづくしの中、ただでさえナチュラルハイな状態。素直に寝られるはずがない。
結局、十数分後には「寝るのあきらめた」という結論が出てしまうのであった。

 車内はテンション高い。なんせ富士山で大盛り上がり。完全におのぼりさんだ。実際、今まで見た富士山の中でダントツで綺麗だった。 
他にも、名古屋の駅前に異様に盛り上がる。友達は必死に名古屋駅前のJRのタワーを写真に収めようとしていたが、ついに収まりきることはなかった。でかかった。 同じJRのタワーでも札幌のJRタワーとは大違いである。

 あいかわらず高いテンションに異変が生じ始めた。岐阜に入ったところで、上空が急に暗くなり、一気に天気が悪くなった。「京都競馬場・晴れ」の予報を疑っていなかった我々の気持ちも曇り始めた。
「岐阜が悪者だ」
 そして、京都駅に着いた。上空が暗いこともあって要塞のような威圧感だった。
ke.jpg
京都に着いても、まだ雨は降り続けていた。よりによってこんな日に、と思いながら京都競馬場へと向かった。
(つづく)
posted by napolin24 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

菊花賞からただ今帰還。

 菊花賞、ディープインパクトの三冠達成を見ようと京都競馬場まで行ってきました。そして日帰りで東京に戻ってきました。
 今は倒れそうなほどに疲れているので、また後で詳しい観戦記を書きたいと思います。とにかく、ディープインパクトの三冠が見られてよかったよかった。

kyoto2.jpg
今回もありました。ディープインパクトの馬像。
posted by napolin24 at 02:23| Comment(0) | TrackBack(3) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月30日

不条理

ダンツフレーム病死 (スポニチアネックス)

 地方競馬全国協会は30日、2002年の宝塚記念(G1)などを制したダンツフレーム(牡馬・7歳)が地方競馬教養センター(栃木県那須塩原市)で、肺炎のため28日に死んだと発表した。

 同馬は2000年に日本中央競馬会(JRA)からデビュー、JRAで通算22戦6勝。04年に地方競馬に移籍し、ことし6月に乗用馬として同センターに転入していた。



 かわいそうとしか言いようがない…
一度は引退、その後限界を迎えていたであろう体で、
地方競馬を転々とさせられ、そしてこういう形で生涯を終えてしまいました。

 なぜ種牡馬の資格も十分にあったGI馬が、こんな悲惨な競走馬人生を歩まなければいけない事態になってしまったのでしょうか。この死から日本競馬界の問題が浮き彫りになったような気がしてなりません。
posted by napolin24 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。