2006年02月08日

はや2月

さっぽろ雪まつりが開幕。もうそんな時期か

 子供の頃は真駒内会場のほうによく行った記憶があるが、その真駒内会場も無くなってしまった。
時代の流れというものがいやでも感じられてくる。

 そういえば昔、父親が市民雪像の手伝いをしたことがあって、その雪像を見に大通り会場の隅に連れて行かれたことがあった。

 そこにあったのは、仁王立ちした馬
なぜか腰にはまわしが…?

プレートを見ると、そこには『ヒシ曙』 と書かれていた。

ヒシアケボノがスプリンターズステークス(まだ12月のころ)を制した2ヵ月後の出来事であった。

うちの父親はまったく競馬を知らない。果たして、自分が何の雪像を作っているか
分かっていたのだろうか…

なんだかんだで一週間後にはまた札幌に帰省。今回は遊び目的でないのがつらい

 
posted by napolin24 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

東京に雪が降る

東京でもあたり一面の雪景色。びっくりしました。
普段見慣れたうちのまわりも、まったく違う景色になるもんですね。

20060121215426.jpg
積もってるー


 で、この雪で転んで怪我した人が相当出たとか。
この程度の雪でねぇ・・・ ←意地悪

 実際どんなもんかと自分も歩いてみましたが。
意地でも転ばないように

 北国の雪だと、積もって踏み固められるから足元は硬くて比較的歩きやすいですが
(慣れると走れる)
今回の雪はぬれ雪で、水分に足をとられる感じ。
というか、スノトレの重要さを実感。 気休め程度にしか思っていなかったけど、ぜんぜん違う。

 あと気になった点。
雪質がどうであれ、雪の日に傘差すなや!
と言いたくてしょうがない。

posted by napolin24 at 03:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

とりあえず。

 試験期間があらかた終わってようやく書く余裕ができました。

 正月の帰省から戻る際に、夏世話してあげた札幌の友達のところから
「いつもお世話になってるから」といって、
札幌をたつ当日に、やきそば弁当1ケース
いただきました。

結局、それ抱えて飛行機乗りましたよ。
本当にありがた迷惑ありがとうございました。

で、さっき賞味期限を確認してみたら
1月27日・・・
これ何の在庫処分ですか?
急いで食わないと、ということで今日一気に2個食い。札幌にいるときでもこんな贅沢しないのでいい気持ちになったかな。

トップページやその他写真更新しました。
ということは…。

posted by napolin24 at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

スクープ!! 駒大苫小牧 あの選手が…

あけましておめでとうございます。

私の今年は駒苫で始まりました。昨日書いた遊びのことではありません。

新年を迎え、北海道神宮に初詣に行ってきました。

初詣に行くと絵馬を見て回るのが面白くて、今日も見ていました。

すると、絵馬の中に 見たことのある名前を発見。

よく見てみると、

駒大苫小牧の初優勝の時に大活躍した、

とある人気選手の名前ではないですか!!!


来ていたのか!と、驚いて内容を見ていると、内容は「彼と一緒に住めますように」といったもの。(その選手は卒業後道外に進んだ)

字の感じからして、どうやら彼女が書いたものらしい。遠距離中なのだろうか?

絵馬にその選手名をフルネームで堂々と書いて、さらにバットの絵まで書いていたところを見ると、
見た人に気付いてもらいたかったのかな?とさえ思えてくる。

とにかく、それを私が見つけた後、一緒に行った人達とその場で大盛り上がりしたことは言うまでもありません。

写真も撮ったくらいですから。

あー、写真見せたいなあ(笑

今はアップできる環境にないので、しばらくしたらこっそり載せるかもしれません。




で・・・ その後
posted by napolin24 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月31日

駒苫で締める一年。

北海道では、27日から大晦日にかけての5日間に渡って、
連覇を果たした駒大苫小牧の選手権を
全試合再放送していました。

そこで、札幌の友達との間ではやったのが「負けそうごっこ」 (と勝手に命名)

駒苫が最終的に優勝したのはもちろん知っているけど、
皆"あえて知らないふり" そして、"リアルタイムで見ているふり"をしようというもの。

だから、鳴門工の試合で6点差をつけられたときには、「もう終わったよー」「絶対負ける…」と言い、そしてその後の大逆転を見ては「信じられない、奇跡だ!」と言って大喜び。そして喜びの酒を飲む、と。

これが楽しい楽しい(笑

大阪桐蔭と当たる前には、「辻内なんて打てるわけない」「平田今日は何本打つの?」など言っといて、最後にはみんなで大喜び。

おととい、昨日と友達の家に集まっていましたが、今日は自分の家に皆集まり、そして北海道限定ビール・クラシックで祝杯をあげ、優勝を祝いました。

来年の年末もぜひ楽しく締められるようにまた一年頑張りたいものです。
では。
posted by napolin24 at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月30日

2005年の一番長い日 残酷を極めた男篇

(続き)
かくして飛行機は定刻20時30分に飛んだ。

しかし、1時間近く経ち事態が急変する。


『現在、新千歳空港は封鎖されています』


『このまま上空で待機しますが、

あと一時間待って着陸できなければ

羽 田 へ 引 き 返 し ま す 。

なお、現在5機が我々より先に待機しています 』


希望の先の絶望。
新千歳に着陸できる可能性は高くない。
頭の中に、最悪の事態がよぎる。
時計は22時近く。待機後羽田に引き返すとなれば、到着は0時過ぎか?そうなると終電には間に合うのか?調べないと…

くそっ、携帯が使えない!!

ただ見届けることしかできないのか

そして55分後
『天候が短時間で回復したので着陸を実行します』
驚くほどスムーズな着陸だった。

これでも、苦難はまだまだ終わらなかった


空港到着は23時15分過ぎ。
すでに最終電車が出ているためバスに乗る。

通常ならバスは1時間もあれば十分市街地に着く。
しかし、天候がそれを許さなかった。

『高速道路が雪で封鎖されているので一般道を通ります』
そのアナウンスの瞬間、車内はため息と無常に包まれた。

結局家に帰ったのは、深夜1時40分だった。最悪。
posted by napolin24 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

2005年、一番長い日 有馬で精神崩壊篇

12月25日、間違いなく今年一番疲れた日。その顛末。

この日に札幌へ帰るので、前夜に掃除をしていたら終わらない終わらない。そして、結局徹夜。

膨れ上がったボストンバッグを右肩に、トートを左肩に、さらに満杯のキャリーバック(16kgあった)を引きずって、朝家を出る。非常に身動きが取りずらい。

品川のロッカーに荷物を預け、向かうは中山競馬場、有馬記念。
前日までは当ててやると張り切っていたが、重い荷物から解放された瞬間軽くハイになり、馬券はどうでもよくなる。もう、やばかったのか?

中山は人人人で埋め尽くされている、かと思えばゴール前はそうでもなく拍子抜け。「マンハッタンカフェの時のがよっぽど混んでた」いう声を多く聞いた。
ゴール正面いい場所が取れた。

そのまま3時間。
天気がいいのに救われ楽に耐えられた。

…そのあとの結果は言わずもがな。

強烈な虚脱感に襲われる。心身共に危うい。予定より早めに羽田に向かう。

羽田では他便がぞくぞく遅れるなか、自分が乗る便は定刻に出るとのこと。

ひと安心したのもつかの間、このあと北国の逆襲が始まるのであった。

(つづく)
posted by napolin24 at 02:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

ちょい動の週末

ソフトB和田、仲根かすみと入籍会見
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051212-0007.html

あれは2、3年くらい前だったかな?すぽるとで、同学年ということでその時近鉄エースの岩隈と和田がそろって出演したときを思い出した。
当時もうすでに結婚していた岩隈は奥さんもスタジオに連れてきてて、それで和田が非常にいたたまれない雰囲気になってしまったのが見ていて面白かった。そのときの画像がなぜかPCに残っていたりもする。
今回このニュースの第一報を伝えたのがすぽるとの番組内だったというのも私的にはぐっときた。
 これでソフトバンクのファン層が変わったりしたら面白い。球団は今こそ松中をプッシュするべきなのかも。

―――――
 日曜、有馬記念の入場券を買いにいったついでに朝日杯を予想。2歳戦はいくら考えても裏切られるので、一切何も考えずにただ新聞の印が厚い馬を選んで、その中からクロフネ産駒という点だけでフサイチリシャールからの馬単。
こういうときに限って当たる。
人間、「考えすぎない」ことも時には必要かなと。



posted by napolin24 at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月08日

ウェルカムサッポロ

G大阪FW大黒、仏グルノーブル移籍へ
http://www.nikkansports.com/ns/soccer/p-sc-tp0-051207-0006.html

本当に決定的かどうかはわかりませんが。
この仏2部グルノーブルというクラブの有力スポンサーには、われらが「白い恋人」がついているわけで・・・

 最終的にはフランスに行ったつもりが、なんかわからないけど札幌に来ちゃってた的な展開、お待ちしてます。電撃復帰てことで。
海渡ったんだから北海道でも海外に行ったことでいいでしょ?だめかな? 
実際問題、この時期に無理やり海外に行かなくてもという気もするし。

 というか、大黒の前にまず藤ヶ谷返してくれんかのう。

 あと甲府はいつから魔法を使えるようになったんでしょうかね。

――――――――
 トップ写真更新。onちゃんも大喜びの画になってますね。これは本当に優勝した日の深夜にテレビの画面を直接取った写真っす。
posted by napolin24 at 01:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

大混戦大混戦

ジャパンカップダート、勝負する気はなかったが、なんとなくまた2着に来そうな気がしたので、お遊びでシーキングザダイヤの複勝を500円買った。

そのとき、何を感づいたのか「もう少し買ったほうがいいかな」という予感が。それに従ってもう500円買ってレースを見た。

シーキングは、見事に来た。
複勝だったので、最後の叩きあいは正直どうでもよかった。←ひどい

けど、見事なレースだったと思います。「ジャパンカップ」の意味はなかったけど…

結果千円がほぼ一万円になって帰ってきた。

だけど、その帰り道でマフラーを無くしてしまった。
これから一番必要なものなのに…なんでしょうかこの運のなさは。
posted by napolin24 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ユニフォーム考察

11月23日、祝日ということで多くのプロ野球球団がファン感謝デーを行った模様。
私も用事があって巨人のファン感をやってる東京ドームのそばを通ったのですが、かなりの数のファンがいるように感じました。
発表の3万7千人?というのはちょっとオーバーかもしれないけど、それでも巨人はまだ自力があるんだなと感じました。

 で、気になったのは巨人のファン感謝デーのはずなのに、他球団の帽子や、ウインドブレーカーを着ている人がいたこと。巨人の感謝デーに行くくらいだから、当然巨人のファンなのではないかと思いますが、ちょっと理解に苦しみました。

 同様な感じで、日ハムの応援に「阪神時代の新庄のユニホーム」を着てくる人が必ずといっていいほどいて、まあ特に問題にはなっていませんが、どういう意図があっての行動なのかな?
単に目立ちたいだけ?
それとも、
http://www.kita-nikkan.co.jp/fighters/nh05112101.htm
>新庄が現役引退後に「日本ハムOB」か「阪神OB」か、どちらの肩書を使用するかについて20日、論議が巻き起こった。

これのアピールでしょうか。だったら、いま日ハムのスタンドで主張されても完全に無意味だと思うのですが(笑

 そういや、コンサドーレの試合にACミランのユニフォームで来る人とか見たなあ。これはちょうどいい間に合わせかも。コンサは縦ジマユニにもう一度戻してほしいかな。
コンサドーレは来年もJ2、と。まあぬるーく見守っていきますよ。

―――――――――
 週末また風邪ひきました。暖房費をケチったのが原因?とくに今回は腹に来ましたね。熱は上がらなかったので比較的楽でしたが。
みなさんもお気をつけください。
posted by napolin24 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

駒苫三冠達成!!

5対0で勝利!駒大苫小牧が神宮大会を制しました

いま表彰式などで写真撮るので精一杯です。またあとで詳しく書きます。
posted by napolin24 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫三冠へ!速報

七回裏、駒苫はヒット二本で一、二塁。ここで四番本間はバントを試みる(今日二回目)しかしまたも成功せず、ヒッティングに回ってフライでランナーを進める。

続くのは、今日先制ホームランの五番奥山。

またホームラン打っちゃいましたーー!!!

駒大苫小牧の勝利が大きく大きく近づく、貴重な3点が追加!

八回表、依然マウンドは田中。147キロを出すなど力は衰えていないが、ヒットを打たれるなど2アウト1、2塁のピンチ。今日はとても安定していた制球が突如乱れる。ストレート四球で満塁となる。しかし続く打者を追い込んで、148キロ!!!しかしボール。最後はスライダーで三振!

7回終 関0-5駒
posted by napolin24 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫続報

五回は両チームともに無得点。

六回表、関西はバントでランナーを得点圏に進め、レフト前へ抜けるヒット。ランナーは三塁を回る!レフトからの返球は2バウンド、3バウンド…中継せずにホームへ。ランナーは頭からホームに突っ込む!
クロスプレーは…アウト!!
関西、絶好のチャンスを逃す。駒苫にとっては非常に大きいプレーとなった。

その裏駒苫も得点圏にランナーを進めるが無得点。

七回表、田中は三人で斬ってとった!

関0-2駒
posted by napolin24 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三冠へ駒苫速報

三回表、田中は危なげなく抑えて終える。

三回裏、駒苫は中澤が四球、その後二塁まで進み六番田中、自らタイムリーで一点追加!!リードが二点に広がる。

四回表、2アウトはすんなり取った田中だが、そのあと痛打を浴びランナーを二塁まで進めてしまう。しかし要所を締め無失点。

四回裏、八番九番凡退の後一番三谷またヒットで出塁。好調だ。続く三木は快音飛ばすがレフトフライで無得点。

関0-2駒

田中これまで最速はおそらく147キロ。
posted by napolin24 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫先制!

二回表、田中はヒットを打たれず抑える。ただし、関西六番ダースに芯で捕らえられセンターライナー。これはヒヤッとした。

二回裏、駒苫は先頭打者、五番奥山。

先制ホームラン!! レフトへ綺麗な放物線。ネクストバッター田中も思わず雄叫びをあげる

田中倒れた後、七番鷲谷八番山口連打!九番小林はきっちり送り二三塁。
一番三谷が打った打球は痛烈!レフトへ伸びる!入るか?しかし関西レフト徳岡が逆方向へのダイビングキャッチで捕る!球場は敵味方なく大拍手。人工芝なのにすごいプレー。

二裏終 関0-1駒
posted by napolin24 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫三冠へ! 現地速報

神宮球場に到着。札幌から「ニュースで見るかぎり平日とは思えないくらい人が来た」情報を受けていたのでひやひやしていたが、実際はそれなりの人出というくらいでしょうか。
駒苫は何と、田中が先発。完投する気でしょうか?
一回表、2アウトをすんなり取ったあと田中ヒットを打たれるが、後続を抑えて駒苫は無失点発進。

一回裏、駒苫は一番三谷ヒットの後三塁まで進めるも、無得点。

あと、観客の持ってるスポーツ新聞は
9割方報知です(駒苫・田中が一面)
私もやっぱり買ってしまった(笑
posted by napolin24 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月27日

祝 駒大苫小牧国体優勝

駒大苫小牧が国体制覇
http://www.kita-nikkan.co.jp/s05102699.htm

 夏の選手権に続いての全国制覇。2冠達成!負け知らずですよ。なんかもうすごい領域ですね。国体優勝は、1994年の北海高校以来の快挙だそう。
国体といえば、例年は3年生の思い出大会となりがちですが、今回駒苫は2年生もほとんど出場と相当気合が入っていた気がします。
 メンバーは3年生が主体でしたが、甲子園以来の公式戦でも気持ちが切れていなかったのが見事だと思います。キャプテン林の18打数9安打は相変わらず凄いし、エース松橋は京都外大西に一人で投げ勝つなど、甲子園よりも安定感があったかもしれません。
 林は駒大、松橋は明大と決まった進学先でも、ぜひ活躍してほしいですね(そしてもちろん、いずれファイターズに来てもらいたいもんです)
 あとは明治神宮大会を優勝すれば、3冠達成ですね! ぜひこちらの3冠もこの目で見てみたい。というのは冗談で、とにかく無理せず気楽に臨んでくれればそれで十分だと思います。

 日本一といえば千葉ロッテも日本一を決めましたね。おめでとうございます。
パ・リーグの野球の質の高さが存分に見られたのが嬉しかったですよ。
しかし、ロッテが本当に「王者」になる日が来るとは。 もう応援歌の歌詞をからかえなくなってしまいましたね。ちょっと淋しい
posted by napolin24 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

血塗られた菊花賞

悪夢は、いつも突然にやってくる。
友達との京都までの菊花賞観戦を控え気分のいい週の頭。
そのいい気分は一瞬でふっ飛ばされた。

ユニットバスの中でシャワーを済ませ、浴槽から出ようとした瞬間、バランスを崩した。ここまではまだいい。
しかし、その時に私の左足かかとが浴槽を蹴る感じになってしまった。
気がついたら、左足からは血が、そして浴槽には大きな穴が開いていた。
何が起こったのかの把握もできずに動転していた。浴槽に穴が開くなんて事態が信じられなかった。ふすまならまだしも。
というかそんなにすごい力で蹴ってしまったのか?左足も無事ではない。切り傷ができ痛い。結局その日は歩くこともままならなかった。

そして管理会社に電話。答えは、「数万円はかかる」
自分を呪うか運命を呪うか。いずれにしろあまりにも大きな痛手だ。京都行きの費用と合わせて、このままでは貯金がなくなっていく。

正直京都で馬券を買う気は無かったが、勝負するかもしれないなぁ。

しばらくブログの更新をしてませんでしたが、こういうことがあったのです。
posted by napolin24 at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

優勝が北の大地へ…渡らなかった

惜しかったですねぇ全日本ユース。コンサドーレのユースが強いことは知ってはいましたが、決勝戦まで勝ち上がったのには驚きました。
東京に来てから初めてコンサドーレの試合を地上波で見た気がします。後半立ち上がりに1点先制した時には、これはいけるかも!と思いましたが、そのあと逆襲を受けて結局は1―4で敗れてしまいました。が、準優勝は見事な結果。胸を張ってほしいと思います。天皇杯でやっちゃったトップチームよりよほどすごいですよ。
札幌に行くときはよくコンサドーレの試合も行きましたが、東京に来てからは行ってないなあ。
いちおう、レプリカは家に待機してるんですが。(しかもウィルのサイン入ってるやつが。今じゃもう着れないかな?)
posted by napolin24 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。