2005年10月30日

三冠を見に 菊花賞観戦記3 +天皇賞秋

1時半過ぎからパドックへと向かった。2階の席に照準を絞っていたが、行ってみるとすでに多くの人がおり、パドックが正面に見える位置は埋まっていた。しかし、出て行く人を見つけては詰めて、だんだんパドックに近づいていった。(少人数なので行動は早い)
 そして、最終的にはこの位置に落ち着いた。
p1.jpg

 ここから1時間以上待つわけで、なかなか大変ではあるが、ここで今回大活躍したのは100円ショップで売っている三脚型の折りたたみイス。一見頼りなく、大丈夫か?と思ったが実際座ってみると以外に楽で、長い待ち時間も苦にはならなかった。薦めてくれた友達に感謝。(そして帰路で、この100均イスが救世主となるのだが、このときは知る由もなかった)

 そして3時過ぎ、ついに菊花賞出走馬が入場してきた。7番ディープインパクトが6番の次に来なかったときには心配したが、10番シックスセンスの後に入ってきて一安心。
ただ、ディープが前のシックスセンスと非常に接近していたため、どうしても一緒に写ってしまう。
「ディープインパクト」の写真を撮りたいと思っていた人はさぞ撮影しにくかっただろう。私も結構苦労しました。

しょうがないので無理やりディープインパクトを切り貼りしてみた
deep1.jpg

いざレースへ(続く)

―――――――――――――
天皇賞秋 予想
ローテーションと鞍上の不安から、ロブロイを頭から外して2着予想。
ハットトリックは府中とぺリエで巻き返せるか?穴狙いで。
ホオキパウエーブ、藤田がアサクサデンエンに続いて大仕事の予感。
スイープ、宝塚をタップとの一点で逃したのでリベンジを期待。迷ったときは頭にしてます。
4−13,7−13,14−13の馬単で。

NHKスペシャル半分見逃してしまった。まあ再放送するでしょう
(月曜深夜にするそうです)

10/31追記
へヴンリーロマンスとは・・・ロブロイ2着は読めてたのに。悔しいなぁ
でも、松永騎手の馬上の敬礼を見たらそんなことはどうでもよくなりました。
ディープのときとはまた違う、感動をもらいました。最高に画になってました。(松永騎手はこれが最後の天皇賞になるんでしょうかね・・・)
間違いなく天皇賞の歴史に残る一シーンになるでしょうね。



posted by napolin24 at 13:50| Comment(0) | TrackBack(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

鬼馬「天皇賞(秋)」新聞版
Excerpt:  いよいよ天皇賞ですね。フランスから3人の騎手がやってきて楽しみですね!できればもう少し前から参戦してほしかったレースはいっぱいあったのですが。天皇賞は新聞版をお届けします。画像をクリックしてご覧くだ..
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2005-10-30 14:19

勝手に天皇賞秋予想
Excerpt: 先日の菊花賞の予想は楽でしたが(外す方が難しい^^;)、 今回の秋天は、非常に難...
Weblog: イーヅカワールド
Tracked: 2005-10-30 14:26

天皇賞(秋)の予想
Excerpt: さぁいよいよ天皇賞です 今秋のG1は堅い決着が続いていますが今回はどうなることでしょう それでは武蔵野ステークスで資金を調達した勢いで 早速予想に参ります 天皇賞(秋) タップダンスシチーを本命..
Weblog: 犬のわいどしょー
Tracked: 2005-10-30 21:28

心の叫びが今届く。ハーツクライ。天皇賞・秋予想
Excerpt: アサクサデンエンGI含む東京6勝と相性良し。ヤマニンゼファーの例もあることだし。 初距離で対応可能かどうか。 アドマイヤグルーヴ昨年の3着馬。休み明けも坂路51秒台が出るほど仕上がりはいい。 昨..
Weblog: [踊]Dance!Dance!Dance!
Tracked: 2005-10-30 22:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。