2005年10月26日

ディープ三冠を見に・・・ 菊花賞観戦記 

 ディープインパクトがダービーを制覇した時点から、菊花賞はぜひ京都で見たいという思いはあった。が、具体的にはなかなか決まらず、10日前くらいに友達と行くことに決まった。だが、日程の都合上今回のスケジュールは日帰りだ。関西には何度か行っているが、今まで最低でも1泊2日で、日帰りは経験したことはない。さて、どうなるだろうか。


 10.23 朝7時
水道橋駅に集合。この付近は日常的に通るが、この時間に来たことはない。しかし、行ってみると周辺は結構人がいた。友達は、眠れなくて完徹で来てしまったらしい。今日一日大丈夫だろうか・・・そういう自分も1時間半しか寝ていない・・

 8時前 のぞみでいざ京都へ。
 友達は東海道新幹線には初乗車。というか関西も初めて。
本来なら2人とも新幹線で寝て睡眠時間を確保するはず、だったが
この始めてづくしの中、ただでさえナチュラルハイな状態。素直に寝られるはずがない。
結局、十数分後には「寝るのあきらめた」という結論が出てしまうのであった。

 車内はテンション高い。なんせ富士山で大盛り上がり。完全におのぼりさんだ。実際、今まで見た富士山の中でダントツで綺麗だった。 
他にも、名古屋の駅前に異様に盛り上がる。友達は必死に名古屋駅前のJRのタワーを写真に収めようとしていたが、ついに収まりきることはなかった。でかかった。 同じJRのタワーでも札幌のJRタワーとは大違いである。

 あいかわらず高いテンションに異変が生じ始めた。岐阜に入ったところで、上空が急に暗くなり、一気に天気が悪くなった。「京都競馬場・晴れ」の予報を疑っていなかった我々の気持ちも曇り始めた。
「岐阜が悪者だ」
 そして、京都駅に着いた。上空が暗いこともあって要塞のような威圧感だった。
ke.jpg
京都に着いても、まだ雨は降り続けていた。よりによってこんな日に、と思いながら京都競馬場へと向かった。
(つづく)
posted by napolin24 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(2) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ディープインパクト無敗で3冠達成
Excerpt: ---------------------------------------------------------------- 3歳クラシックレースの最後を飾る中央競馬の第66回菊花賞(G1)が2..
Weblog: NARI---BLOG
Tracked: 2005-10-27 17:33

05菊花賞復習??シックスセンスはデンジャラス仕手銘柄の巻??
Excerpt: 1日1善BLOGランキング ?? [2005/11/15号] 菊花賞復習 ◎▲12.9倍的中 復習資料 番校M血魂オ三 号長M統リプ複 01--10146多Cコンラッド ..
Weblog: 競馬の予備校ブログ(・皿・)y━
Tracked: 2005-11-17 05:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。