2005年08月30日

不条理

ダンツフレーム病死 (スポニチアネックス)

 地方競馬全国協会は30日、2002年の宝塚記念(G1)などを制したダンツフレーム(牡馬・7歳)が地方競馬教養センター(栃木県那須塩原市)で、肺炎のため28日に死んだと発表した。

 同馬は2000年に日本中央競馬会(JRA)からデビュー、JRAで通算22戦6勝。04年に地方競馬に移籍し、ことし6月に乗用馬として同センターに転入していた。



 かわいそうとしか言いようがない…
一度は引退、その後限界を迎えていたであろう体で、
地方競馬を転々とさせられ、そしてこういう形で生涯を終えてしまいました。

 なぜ種牡馬の資格も十分にあったGI馬が、こんな悲惨な競走馬人生を歩まなければいけない事態になってしまったのでしょうか。この死から日本競馬界の問題が浮き彫りになったような気がしてなりません。
posted by napolin24 at 22:41| Comment(0) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

宝塚記念
Excerpt: 宝塚記念 宝塚記念(たからづかきねん)は、春競馬の総決算として、阪神競馬場の芝コース2,200メートルで施行される日本中央競馬会|JRA中央競馬の競走である。 春のビックレースが関東地方|関東地区に比..
Weblog: ギャンブル勝負事の豆知識
Tracked: 2005-09-05 09:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。