2006年11月26日

ジャパンカップのダートだけを見に行く in東京競馬場

 行って来ましたよ。
ジャパンカップダート(GI)in東京競馬場。

 明日はジャパンカップなわけですが、こちらは都合が悪くリアルタイムでの観戦すら叶いません><
 なので、ジャパンカップダートだけでも見に行こうということになりました。
こんな人、他にいるかな・・・?


 ほぼ1年ぶりの府中。

 1000678jcd2.jpg

 お目当てはこのターフビジョン。
これをなんとしても見ておきたかった!(正直、JCダートよりこっちのほうがよっぽど大事。)

 これまでのターフビジョンの3倍の大きさだけあって、迫力は凄い。
通常は3分割して、馬の様子や倍率などをさまざまに表示しているのだけど、
メインレースの出走前には、ターフビジョン全面を使ってVTRが流された。
これには、思わず言葉を失った。

 やばい。もう他の競馬場には行けない。

(特に全国一ボロい札幌競馬場にはもう絶対行けない、なんてさすがに言えないけど…)


 肝心のレース。

 今回の1番人気を集めた馬は、シーキングザダイヤ。

かなりの良血(母馬は競馬ファンなら誰でも知る名馬)なこともあるのだけど、
それ以上に成績が凄い。


(2005年)
川崎記念    (3番人気) クビ差で敗れる。
フェブラリーS (5番人気) 1と1/4馬身差で敗れる。
南部杯     (5番人気) 1と1/4馬身差で敗れる。
ジャパンCダート(11番人気) ハナ差で敗れる。
東京大賞典   (2番人気) 1と1/2馬身差で敗れる。
(2006年)
川崎記念    (1番人気) クビ差で敗れる。
フェブラリーS (2番人気) 3馬身差で敗れる。
JBCクラシック (1番人気) 1と1/2馬身差で敗れる。


ここ2年で、GIレースで8回も2着になっているのだ。

これほどまでのケースは世界全体を見渡しても極めて稀なものであるといえる。(wikipediaより)


そして、今日はこの馬に武豊が乗った。
悲願のGI制覇を今日こそ果たすために…


そして結果は…


1着 アロンダイト    騎手:後藤浩輝
2着 シーキングザダイヤ 騎手:武豊 1と1/4馬身差


さすがとしか言いようが無い。

個人的にはこういう馬は大好きだったりします。
勝ってほしいようなほしくないような・・・

1000673jcd1.jpg

ということで私にとってのジャパンカップは本日で終了しました。
ありがとうございました。
posted by napolin24 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。