2006年09月13日

新潟旅行2日目 完結編

 新潟2日目。
今日の目的は、「新潟競馬場」しかないので、楽といえば楽。

 朝8時、新潟駅の外れから競馬場行きのバスに乗る。
観光バス仕様の大きいバスだが、すぐに満杯になる勢い。
どうやら人は多そうだ。これに40分余り乗ると競馬場へ。

 競馬場に着いたのは9時前 (1レース発走は10時)だったが、
すでに人がごった返している状態。
新潟、結構競馬人気があるらしい。

 競馬場に入ってみると、スタンドはもちろんのこと、あらゆるところの設備が整っている。
第一印象、「ここでGIがあってもちっともおかしくない」と思った。
次のGI候補としては、阪神や札幌がよく挙がってくるけど、新潟も十分あるな、と。
というか、スタンドその他で言えば、新潟に対して札幌競馬場は比べ物になってない…
羊ヶ丘移転なんかもいよいよ本格的に考えないといけないのかもしれない。

1000352ngoal.jpg

 
 肝心のレースは、1,2Rと外して意気消沈になりかけたが、5Rの障害レースで思わぬ展開が。
 適当に買った単勝200円が、一気に5,000円に。
その後も2つほど予想を外すが、メインの新潟2歳S。
マイネルーチェの複勝300円をゲット。
一日全体では何とかプラスになった…ものの、結構場内で飲み食いしたりしたので
旅費を浮かせるというところまでは行かなかったかな。


 そして、この日は新潟開催最終日ということで馬場開放が。
もちろん、馬場内のさまざまなところから写真を撮りまくってきたのは言うまでもなく。

1000364niiturf.jpg
 これは1コーナーを撮った写真

とにかく、競馬場のターフはどこを撮っても立派な画になる。素晴らしい。


 こうして1日競馬で楽しみ、この後も展望スポットに行ってみたりとなかなか楽しく過ごしていたのだけど
最後の最後に誤算が待っていた。食事だった。

 昨日泊まったホテルの近くにあったラーメン屋が気になっていたので入ってみた。
 大盛り無料、ライス無料だというので当然のようにどちらも頼む。
出てきたラーメンはとんこつ醤油。
麺の太さや油の量や大盛り無料など、あきらかに池袋のあるラーメンにそっくりだった。
別にそこまではいい。

 スープをすすると… 味がしない…
正確には、だしの味しかしない。
醤油とんこつなのに、まったく醤油の味がしない。

 「まずい」という感じではないが、まったく旨くもない。
こんなラーメンは食べたことがなかった。しかも大盛りのライスつき。
ご飯が進まない進まない。

そこから、にんにくとコショウを大量に入れてどうにか完食はした(今思うとする必要はまったくなかった)
本当に不思議な体験だった。
あれが醤油の入れ忘れでなければ一体なんだったのだろう

最後に罠を仕掛けていたとは、新潟やってくれる!!
posted by napolin24 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。