2006年05月18日

コンサドーレ観戦記 (FW石井は後輩なのだ)


 札幌ドームに行ってきた。

と言っても、今回は
コンサドーレを観に行ってきた。

 生観戦は実に4年ぶりくらいだろうか。
今回、たまたまチケットがタダで手に入ったので行ってきた。

しかし、3日前にコンサドーレは6−1の大敗。(この時ホームで観客6千人)
この状況で平日のナイトゲーム。
タイミング的には最悪

もうガラガラで大変なことになっているのでは…と思ったが、
意外に人は入っていた。 (1万人を超えていた)
コンサドーレはまだ見捨てられていない。

試合は・・
開始5分で ポーンて蹴られたボールがあっさり決まってしまい失点。
GK高原に怒りを覚える。

その後もパスがつながらないつながらない。日ハムもビックリの拙攻だ!

しかし、その後思いもよらない展開が待ち受けていた。
フッキが交代してから途端に攻撃がよくなった!
何のためにいるんだよフッキ

フッキと変わった中山元気は、トラップが丁寧で
それにつられるように、コンサの雑だった攻撃が一気に洗練されていった。
正直、中山は点が取れないというイメージしかなかったけど
今日一日で完全に好感度UP。
というかフッキ使えねえ

 そして2−1ビハインドの後半終了間際
1000070.jpg
砂川の同点ゴールが決まる!

その後私の高校の後輩、FW石井も登場したが、ゴールならず。
結局試合は2−2の引き分け。

 前半は本当にひどかったが、後半は結構見せ場があり楽しかった。
今日はS席にいたが、本当なら3700円…
やっぱり高く感じてしまうかな。

とはいえ、コンサドーレの試合もいいなと思い直した一日だった。
posted by napolin24 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 札幌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。