2006年05月06日

大丈夫? ノルベサ について考えてみる。

 前回、札幌に新しくできた NORBESA「ノルベサ」について書いたら
これまでにないほどのアクセスが…  驚き。
 せっかくなので、新たな写真を載せつつノルベサについて
東京と北海道を見てきた視点から考えてみたい。

 000027.jpg


 今、札幌駅の駅ビルステラプレイスが人気で、大通方面は人が集まりにくいといわれている。
 ステラプレイスは、服屋本屋映画館などがひとつにまとまっており、
ひとつの中ですべて済んでしまうのが良いのだろうと思う。


 たぶん、ノルベサはステラプレイスのように、この中ですべて遊びが済んでしまう施設を目指したのではないだろうか。
 だけど、その結果は大変中途半端なものになった、と思う。
ノルベサに初めて入ったときも、やけにこじんまりしているように感じた。

 マンガ喫茶、カラオケ、ゲーセン、ボウリング… 
郊外なら重宝されると思うが、仮にも北海道でもっとも進んだ繁華街の地域だ。
これらをひとつに集めても、有り難みはない。
それよりも、例えば北海道にないショップをひとつでも多く集めてきたほうが
多くの人に喜ばれたのではないだろうか。

200603.jpg

 観覧車は確かにインパクトがある。
しかし、水道橋に4年通い、ジェットコースター装備の「ラクーア」を見てきた
私には衝撃というほどではないし、
熱しやすく冷めやすい北海道人のこと、いずれ熱気は冷めるだろう。

 あのマイカル小樽ですら、ああいった結果になってしまったのだから。

 観覧車に一回乗った人が、何回も乗ることは考えにくい。
だからこそ、一回行った人がまた何度も来たくなるような施設を
目指すべきだったのでは、と思う。


 そう考えたとき、
渋谷の超一等地にあえてTSUTAYAをぶち上げたQ−FRONTは凄い、
とつくづく感じる。
ああいった気概のあるビルが北海道にもできてほしいなぁ。
(それだけに本当にノルベサに期待してました。はい。)

ノルベサは、形態は何にしても、もっと自らの色をはっきり持った商業施設にしたほうが良かったのではないかな、と。


 これだけ書いたので、またノルベサに行ってきてもっと詳しく見てこようと思っています。
posted by napolin24 at 00:18| Comment(4) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私もノルベサに行ってきました。
確かに新たにオープンした割には魅力に欠けるというか、コンセプトが見えないと言うか、あんまり必要性を感じませんでした。
3Fのフードコートの一角に昭和の展示がしてありましたが、あれはまあそこそこかな?
昔の映像を流してたので、おもわず見入ってしまいました。
Posted by マーク at 2006年05月06日 18:01
>マークさん

コメントありがとうございます。
コンセプトが見えない、という面は私も同感です。
昭和の展示は、万博の衣装が私には印象的に映りました。
Posted by napolin24 at 2006年05月06日 21:15
はじめまして。このビルのテナントで働く者です。
一言でいえば、全て中途半端です!このビルは!
どこのテナントさんも苦戦しているんじゃなかろうか・・?うちはやばいかも。来月給料でないかも?
Posted by ヨウ at 2006年05月31日 23:29
コメントありがとうございます。

>ヨウさん
大変みたいですね…
頑張ってください。
Posted by napolin24 at 2006年06月05日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

マンガ喫茶進化論
Excerpt: なんか、いらん機能ばっかどんどんついてきてっけど、一番必要なのはコレじゃね?
Weblog: ハラキリロマン
Tracked: 2006-05-14 15:54

ノルベサ 札幌
Excerpt: 札幌市中央区、ススキノなど〜
Weblog: ビバ!札幌市
Tracked: 2006-05-31 16:44
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。