2005年11月27日

大混戦大混戦

ジャパンカップダート、勝負する気はなかったが、なんとなくまた2着に来そうな気がしたので、お遊びでシーキングザダイヤの複勝を500円買った。

そのとき、何を感づいたのか「もう少し買ったほうがいいかな」という予感が。それに従ってもう500円買ってレースを見た。

シーキングは、見事に来た。
複勝だったので、最後の叩きあいは正直どうでもよかった。←ひどい

けど、見事なレースだったと思います。「ジャパンカップ」の意味はなかったけど…

結果千円がほぼ一万円になって帰ってきた。

だけど、その帰り道でマフラーを無くしてしまった。
これから一番必要なものなのに…なんでしょうかこの運のなさは。
posted by napolin24 at 13:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

ユニフォーム考察

11月23日、祝日ということで多くのプロ野球球団がファン感謝デーを行った模様。
私も用事があって巨人のファン感をやってる東京ドームのそばを通ったのですが、かなりの数のファンがいるように感じました。
発表の3万7千人?というのはちょっとオーバーかもしれないけど、それでも巨人はまだ自力があるんだなと感じました。

 で、気になったのは巨人のファン感謝デーのはずなのに、他球団の帽子や、ウインドブレーカーを着ている人がいたこと。巨人の感謝デーに行くくらいだから、当然巨人のファンなのではないかと思いますが、ちょっと理解に苦しみました。

 同様な感じで、日ハムの応援に「阪神時代の新庄のユニホーム」を着てくる人が必ずといっていいほどいて、まあ特に問題にはなっていませんが、どういう意図があっての行動なのかな?
単に目立ちたいだけ?
それとも、
http://www.kita-nikkan.co.jp/fighters/nh05112101.htm
>新庄が現役引退後に「日本ハムOB」か「阪神OB」か、どちらの肩書を使用するかについて20日、論議が巻き起こった。

これのアピールでしょうか。だったら、いま日ハムのスタンドで主張されても完全に無意味だと思うのですが(笑

 そういや、コンサドーレの試合にACミランのユニフォームで来る人とか見たなあ。これはちょうどいい間に合わせかも。コンサは縦ジマユニにもう一度戻してほしいかな。
コンサドーレは来年もJ2、と。まあぬるーく見守っていきますよ。

―――――――――
 週末また風邪ひきました。暖房費をケチったのが原因?とくに今回は腹に来ましたね。熱は上がらなかったので比較的楽でしたが。
みなさんもお気をつけください。
posted by napolin24 at 03:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

駒大苫小牧、おめでとう! そしてありがとう

 駒大苫小牧、明治神宮大会優勝!三冠達成!
期待はしていましたけど、本当にやってのけてくれました。これまで神宮大会で北海道代表は決勝進出さえありませんでしたが、駒大苫小牧が一気に頂点へと登りつめました。
と同時に、来春センバツの北海道枠が神宮枠としてひとつ増えることになりました。2校目がどこに決まるか注目です。道栄か旭川実か・・・

ktv5-3.jpg
今日試合前の選手達の表情。帽子をかぶっていないのがエースの田中君です。

 大まかな試合内容はすでに書きましたが、最後に書けなかった試合終盤について。
今日の田中君は制球が安定していて、非常にテンポよく投げていました。終盤に入っても、力が落ちてくるどころかさらに磨きがかかる感じで、田中君の今日の最速・149km!は9回の表に記録されたもの。(もちろん、スタンドからはどよめきが起こりました)

 で、終盤印象に残った場面を。

 今日の試合は、駒苫主将兼ヤジ将軍の田中君に対抗してか、関西ベンチのヤジもかなり激しく、大声が飛んでいました。「打てるぞー」とかそんな感じだったと思いますが、9回の表最後の関西の攻撃のときに
「バッター、フォアボールあるからな!」
というヤジが飛んだのです。
つまり、『田中を打つことはできない』という意味。
これを聞いた駒苫応援席からは笑いが漏れていましたが、私はジーンときてしまいました。
これは、対戦相手からの最高の褒め言葉といっていいんじゃないでしょうか。
本当に田中君は凄いピッチャーです。

ktv4-2.jpg
写真はなぜか本間君。ちゃんと撮れたので。


 あと、表彰式が終わった後に駒苫ファンらしき女の子が、
“私、なんで北海道に生まれなかったんだろ・・・”ということを言っていて、これを聞いてまたジーンときてしまいました。
男を泣かしちゃいけないよ(笑

 北海道代表を応援するということは私にとって、北海道で生まれた己についてを再確認する、そういった意味も持ち合わせているなぁ・・・とその言葉を聞いて思ったのです。そして、北海道で生まれたことへの感謝の気持ちで、胸が熱くなってしまったのでした。
その後思わず、親元に電話してしまいましたよ。優勝を伝えたら喜んでいたので何より。

駒大苫小牧のみなさん、これからも頑張ってください。東京組はまたしばらく生では見られないけれど、応援していますよ。
posted by napolin24 at 23:52| Comment(10) | TrackBack(16) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫三冠達成!!

5対0で勝利!駒大苫小牧が神宮大会を制しました

いま表彰式などで写真撮るので精一杯です。またあとで詳しく書きます。
posted by napolin24 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫三冠へ!速報

七回裏、駒苫はヒット二本で一、二塁。ここで四番本間はバントを試みる(今日二回目)しかしまたも成功せず、ヒッティングに回ってフライでランナーを進める。

続くのは、今日先制ホームランの五番奥山。

またホームラン打っちゃいましたーー!!!

駒大苫小牧の勝利が大きく大きく近づく、貴重な3点が追加!

八回表、依然マウンドは田中。147キロを出すなど力は衰えていないが、ヒットを打たれるなど2アウト1、2塁のピンチ。今日はとても安定していた制球が突如乱れる。ストレート四球で満塁となる。しかし続く打者を追い込んで、148キロ!!!しかしボール。最後はスライダーで三振!

7回終 関0-5駒
posted by napolin24 at 12:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫続報

五回は両チームともに無得点。

六回表、関西はバントでランナーを得点圏に進め、レフト前へ抜けるヒット。ランナーは三塁を回る!レフトからの返球は2バウンド、3バウンド…中継せずにホームへ。ランナーは頭からホームに突っ込む!
クロスプレーは…アウト!!
関西、絶好のチャンスを逃す。駒苫にとっては非常に大きいプレーとなった。

その裏駒苫も得点圏にランナーを進めるが無得点。

七回表、田中は三人で斬ってとった!

関0-2駒
posted by napolin24 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三冠へ駒苫速報

三回表、田中は危なげなく抑えて終える。

三回裏、駒苫は中澤が四球、その後二塁まで進み六番田中、自らタイムリーで一点追加!!リードが二点に広がる。

四回表、2アウトはすんなり取った田中だが、そのあと痛打を浴びランナーを二塁まで進めてしまう。しかし要所を締め無失点。

四回裏、八番九番凡退の後一番三谷またヒットで出塁。好調だ。続く三木は快音飛ばすがレフトフライで無得点。

関0-2駒

田中これまで最速はおそらく147キロ。
posted by napolin24 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫先制!

二回表、田中はヒットを打たれず抑える。ただし、関西六番ダースに芯で捕らえられセンターライナー。これはヒヤッとした。

二回裏、駒苫は先頭打者、五番奥山。

先制ホームラン!! レフトへ綺麗な放物線。ネクストバッター田中も思わず雄叫びをあげる

田中倒れた後、七番鷲谷八番山口連打!九番小林はきっちり送り二三塁。
一番三谷が打った打球は痛烈!レフトへ伸びる!入るか?しかし関西レフト徳岡が逆方向へのダイビングキャッチで捕る!球場は敵味方なく大拍手。人工芝なのにすごいプレー。

二裏終 関0-1駒
posted by napolin24 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒苫三冠へ! 現地速報

神宮球場に到着。札幌から「ニュースで見るかぎり平日とは思えないくらい人が来た」情報を受けていたのでひやひやしていたが、実際はそれなりの人出というくらいでしょうか。
駒苫は何と、田中が先発。完投する気でしょうか?
一回表、2アウトをすんなり取ったあと田中ヒットを打たれるが、後続を抑えて駒苫は無失点発進。

一回裏、駒苫は一番三谷ヒットの後三塁まで進めるも、無得点。

あと、観客の持ってるスポーツ新聞は
9割方報知です(駒苫・田中が一面)
私もやっぱり買ってしまった(笑
posted by napolin24 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菊花賞観戦記 完結編! そして、もうひとつの三冠へ!

(10/30より続く)
さあ、いよいよレースが迫ってきた。
スタンドに出てみるが、人人人。府中ではいつも、ゴール板を過ぎたあたりのところに駆け込む形だけど、どうやらゴール近くまで行くのも無理だということで、直線の入り口のあたり、ビジョンが見えるところに位置どった。

 そして本馬場入場。関西の競馬場は初めてなので、「ああ、あの中継と同じテーマ曲での入場が競馬場で見られるのか!」と大変期待していた。
(個人的に、関東GIの競馬場で流れる本馬場入場のテーマは好かない。フジテレビのテーマに慣れすぎてしまった)

 しかし、馬は入ってきたが、音楽は聞こえない・・・いや、かすかに聞こえる??
どうやら、大音響はゴール前付近のみに流れていたようだ。遠すぎたか・・・臨場感を味わえず残念。この菊花賞で唯一の心残りとなった。

 私の予想は、これまで弥生賞、皐月賞、ダービー、神戸新聞杯、すべてアドマイヤジャパン◎だったが、
菊花賞はさすがにディープインパクトを本命で、相手は悩んだがアドマイヤジャパンには見切りをつけ、長距離適正から選びアドマイヤフジにした。ディープからの馬単一点勝負にした。

 そして、いざ三冠をかけた菊花賞のゲートが開いた。
一週目の直線、目の前でディープが行きたがるのを目にしたときは、これは・・・と心配になった。そしていよいよ最後の直線。来るのか?来るのか?「ディープ、来てくれー!」初めて心の奥からそう思った。しかし、心配などよそに、ディープは、華麗に大外からすべてを抜き去っていった。

 歴史的瞬間は訪れた。ディープインパクト、無敗で三冠達成。

sk.jpg
上空には「祝・三冠達成」と書かれた飛行船が飛んだ。

嬉しさと安堵の気持ちだった。と同時に、京都まで来たことは間違いじゃなかった、この場にいて本当によかったと思った。

そして2着は、アドマイヤジャパンだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

浮気した私が悪うございましたね。

(やっとおしまい)

――――――――――――――――――――――

 で、何で今このタイミングでこれを書いたかというと、
実は、今日「もうひとつの三冠」を私は目にするかもしれないのです。

それは・・・駒大苫小牧による 夏甲子園制覇、秋国体制覇、に続いての
明治神宮大会制覇。


 今日、決勝戦です。
これに駒大苫小牧が勝つと、来春のセンバツは北海道からもう一校、合わせて二校が出場ということになります。

対戦相手は関西 (中国地区代表・岡山県)
北海道として、決して負けられない一戦。

私も、神宮球場に行ってきます。
歓喜の瞬間を迎えるために・・・
posted by napolin24 at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

現地より駒苫速報 完結編

7回裏、清峰は左から右へ投手を交代。先頭4番本間は内野ゴロ。しかし、送球が乱れる。一塁をセーフだと手を広げながら駆け抜ける本間。内野安打。プレーオフのあの初芝の場面にそっくりで、思わず笑ってしまった。
その本間を、6番中澤がバックスクリーンへのホームランで返して6対2。やはり強い。

田中は時折ランナーを出しながらもなんとか踏ん張り続け、ついに9回まで投げぬき、完投勝利。
駒大苫小牧6-2清峰 試合終了
という結果になりました。
posted by napolin24 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現地から。駒苫速報

5回裏、駒苫は4番本間のタイムリーで1点追加。変化球苦手な本間に対してストレートを続けて投げていたのが悪かったのか?

6回裏、駒苫は一、二塁の状況で1番三木が素晴らしいプッシュバント。ガラ空きの一塁を駆け抜ける姿最高に恰好いい。しかし、満塁でダブルプレーとなりこの回は無得点。
駒苫は忠実にセンター返し、清峰は逆らわずに流し打ち。秋季大会ですが野球の質がいいです。

7表終了 駒4-2清
posted by napolin24 at 10:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現地から 駒苫速報

4回表、田中の制球が突如乱れる。ストレートが入らなくなり、四球を出すなど苦しむ。さらに、センターとレフトのお見合いなども重なり、タイムリーと犠牲フライで2点を奪われ、同点とされてしまう。

しかし4回裏、駒苫はランナーを盗塁とワイルドピッチで進め、8番奥山が勝ち越しのタイムリー!(田中2打席目は見逃し三振)

4裏終了 駒3-2清
posted by napolin24 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現地より!駒苫 神宮大会速報

1回裏駒苫、本間のタイムリーで先制。中継がないとよく打つのは健在?
2回裏駒苫、田中のレフトへの見事なホームランで1点追加。バッティング初めて目にしましたが、凄すぎです。ホームを踏んで雄叫びを上げてました。これが見れただけでもう満足かも。

田中はピッチングも素晴らしいですね。140km前半のストレートですが、清峰は今のところ翻弄されてますね。

2回裏終わって 駒2-0清です。
posted by napolin24 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

駒大苫小牧 ついに東京上陸

 日付変わって今日、明治神宮大会がいよいよ開幕。
その開幕戦が、駒大苫小牧 対 清峰 
これは見逃せない一戦。

私は今年夏に甲子園に行きましたが、実はそのとき、清峰のアルプススタンドに座って応援しながら試合を見ていました。
(というか、単に北北海道の旭川工を応援してた後そのままいたら次の試合が清峰側だったというだけなんですが。
結果、目の前でまさか名電を下すとは・・・運良くすごいところに立ち会っていた)

 そんなわけで、清峰の黄色い帽子がうちには飾ってあったりします。
東京にいる身としては、もちろん見に行く!と思っていましたが、試合開始が朝8時30分。いくらなんでも早すぎでは
7時半には家を出ないと。
きちんと起きられるかな・・・
posted by napolin24 at 02:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。