2005年09月29日

島田選手お疲れ様でした。

 9月28日 札幌ドームでのマリーンズ戦を田中賢介選手のサヨナラHRという、聞いてびっくり一瞬鎌ヶ谷の試合かと思うような大変劇的な勝ちで終え、ファイターズは今年の全日程を終了。

 そして、この試合をもって島田一輝選手が引退。東京からは、球団公式サイトの動画を見るくらいしかできませんでしたが… 最後まで清々しさを感じました。勝負強かった打撃と、札幌ドーム名物、カブレラの天井直撃フライを華麗にさばいていた姿は忘れることができません。
本当にお疲れ様でした!

今後はコーチまたはフロント入りだそうで、個人的には来年鎌ヶ谷でまた見られたらいいなぁ、と思っています。

 今日の先発は入来投手、島田選手に打席を譲ったのは奈良原選手、スタメンには田中幸雄選手、SHINJO選手…こうやって見ていくと、ファイターズはベテラン勢が支えていることを実感。
今のメンバー、とくに幸雄選手が現役のうちにぜひとも優勝を!期待したいですね。 
そのためには、投手陣の強化が絶対条件だと思いますが。そのそばから、
>今年で2年契約の切れる入来投手は「メジャーに挑戦するか、日本ハムに残るか本当に迷っている」と話した。(共同通信)

とにかく残ってもらわねば…ガッツのFAの問題もあわせて、これから大変かもしれません。


 そういえば、高校生ドラフトも間近に迫ってきました。来週月曜日ですね。
陽選手、ソフトバンク志望だそうですが、ぜひ日ハムに入って「第三のよう」として1×8に出てほしい 内野陣の将来を担ってほしいですね。くじを引くのは監督?ヘッド?GM? いずれにせよ、とにかく幸運を願うばかり。


 というか、風邪ひきました。毎冬になると必ず風邪を引く虚弱体質なんですが、10月を目前として東京の急激な気温低下にやられました。こんな日になんか情けないな…
posted by napolin24 at 02:39| Comment(2) | TrackBack(8) | 日ハム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月25日

いよいよディープインパクト登場。

 ひさしぶりにリアルタイムで日記を。
 今日は阪神競馬場では神戸新聞杯が。ダービー以来ついにディープインパクトが登場ということで、全部予想はディープ◎という感じですが、

今年の私の予想を振り返ってみると
   弥生賞◎アドマイヤジャパン
   皐月賞◎アドマイヤジャパン
日本ダービー◎アドマイヤジャパン


こうなったらもう意地ですね(笑 というわけで、
神戸新聞杯は
◎アドマイヤジャパン ○ディープインパクト △シックスセンス、マチカネキララ

実際、アドマイヤジャパンは状態がよさそうなので楽しみです。
個人的に「勝てそうで勝てない馬」が好きで買っているので、今回はいろんなものを度外視しちゃってますが。こういうときは基本的に少額でいくことにしています。

ここ数日、検索からのアクセスがちょっと増えてまして、自分でもちょっと気になって検索してみたら
「焼肉絵理花」Google検索で、このブログがトップにきてる。
ちょっとビックリ。こないだ載せたばっかりなのに。というか、こうなるならもっと絵理花までの道のりの写真とかも載せたいんですけども、いかんせん撮った写真はほとんど真っ暗になってしまいました。残念です
posted by napolin24 at 02:21| Comment(0) | TrackBack(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

札幌人×東京3日目続 あの!焼肉絵理花に行ってきた

 前回、祝勝会にある場所へ行ったということまでは書きましたが、そのある場所とは?
ヒント:焼肉屋さん
勘のいい人ならもうお分かりでしょう。そう

焼肉絵理花〜日暮里駅前〜歩いて5分の一等地〜
でおなじみ、ファイターズの46番森本ひちょり選手の実家である焼肉絵理花に行ってきました。

 東京に住んで早3年、今回はじめて日暮里駅に降り立ちました。
と、ここでやはり気になるのは
『焼肉絵理花には、本当で歩いて5分で行けるのか??』
ということ。
 まず森本選手本人が、歩いて5分で行けるんですか?との質問に、7分くらいかかると公言しています。さらにネット情報を探すと…
周辺で迷って15分以上かかった。  初めて行く人はすんなりたどり着けない
との話が。 

 自らも迷子になるのを覚悟でスタート!
まずは駅前のあたりを通過。無意識に早足になっている。「5分で着いてくれ…」という内なる思いの表れかも?
駅前を過ぎた後は、一本道をまっすぐ。人のなくなる様子に大丈夫か?と思っていると、明るい照明が目に。 焼肉  絵理花…   あっ、着いちゃいました。。という感じ。
拍子抜けするくらいに普通に一本道沿いにありました。迷ったという人はどこを通ったのだろう?
で、時間! 「5分だ。」
ちょっと急ぎで5分で着きましたー!
 いざ店内へ。千葉マリン帰りのハムファンが押し寄せているかも…という予想はあっさり裏切られ、比較的余裕がありました。日曜の夜7時頃という時間の関係でしょうね。
店内は日ハム関連の写真、ポスター類がいっぱい。先に来ていた人もハムファンのようで、日ハムの話で盛り上がっていました。絵理花では札幌から道新スポーツを取り寄せて読んでいるんだそうです。
erk.jpg
焼肉もちろんおいしかったです。というか、牛角以外で焼肉食べたのはいつ以来だろうか…自分としては、大奮発しましたね。
 
 で、帰り。札幌さんからの「やっぱりちゃんと歩いていかないと」との意見を受け、信号を無視しようとしたのを止められたりしつつ駅まで。さあ時間は?
「7分かかった。」
そりゃやっぱり本人が7分って言ってるんだから、7分が正しいですよね確かに。
ということで応援歌の歌詞は、日暮里駅前歩いて7分〜にしたらいかかでしょうか?なんて

今書きながら考えてみると、この日が一番楽しい一日でした。
posted by napolin24 at 01:08| Comment(8) | TrackBack(0) | 日ハム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

これがそのボール

 下の記事で出てきた、セギノールの投げたボールの写真がこちら。
20050918033343.jpg
 現在、ボールケースに入れて保存中。
最初捕ったときは無我夢中で、サインが入っていることには気づいていなかった。
 しかし、よく捕れたなあと思う。札幌人の素早かった動きにもあらためて感謝。
posted by napolin24 at 01:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日ハム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月17日

札幌人を東京に(略 3日目 セギノールからの贈り物!

疲労困憊で迎えた3日目。前日の「開場前に行こう」という気合はどこへやら、
「要は試合開始に間に合えばいいんでしょ」「ていうか、ちょっとくらい試合始まってても良くねぇ?」と一気にいろんなハードルが低くなった。
 前日、レフトスタンドは当然として、土曜日にもかかわらずロッテ側にも空席があったくらいだったので、ギリギリで大丈夫だろうと思っていたのだ。
 ところが、行ってみると昨日より人が多い。レフト側外野も応援団のあたりは完全に埋まっていて、しょうがなく空いているポール側の席に座った。
しかし、この『しょうがなかった』席の選択が、最後に思わぬ幸運をもたらしてくれる結果になるとは、このときは知るよしもなかった。

 試合はロッテ小林宏之の乱調もあり、終始日ハムペースで進んだ。
試合も面白かったのだが、自分たちの近くにいた家族連れのオヤジが、
フランコと今江の応援歌に異常な拒否反応を示していたのが面白かった。

フランコオイ!オイ! :「ピッチャー早く決めろー応援歌聞きたくないんだよー」
♪レッツゴーマーティ :「早く!早くしろって!もう始まってるよー」 
♪GOマーティ GOマーティ俺達のフランコ〜
「あああああぁー始まっちゃったよーやめろやめろー頭痛いぃー」そして席離れる

 気持ちはよくわかる。自分も今シーズンまではロッテ応援の耐性がなかったからつらかった。覚えてしまうとかえって好きになってしまったが。
それにしてもロッテの中の人はよく体力もつなと感心してしまう。自分はオールスターの時フランコの応援をやっただけでフラフラになってしまった。

 そして、試合は6−2で日ハムの勝利。
ヒーローインタビューはホームランを打ったセギノール。
インタビューの後、レフトスタンドまでやってきてボールを投げ入れた。
 自分らのすぐ横に。

「!!!」今までなかった経験にあせる自分。そんな中、札幌人はすばやく後ろを振り向きボール争奪戦に参加。
そして、まるでラグビーのパスのように後ろ向きでしゃがみながらボールをパスしてきた!

気づいた時には、セギノールの投げたボールは、私の左ポケットに納まっていた。

セギ様ありがとう!大事にします。
(あとで写真載せますね)

ちなみに、今回が今年の千葉マリン最終戦ということで、2次会は延々と続いた。
アルモンテがやけにプッシュされていたのには爆笑。
あと、プレーオフ出るぞって意味で「またここに帰ってきます」とロッテファンに挨拶し、拍手をもらった。(このあと、プレーオフが夢で終わる瞬間を我々は目撃することになるのだが。)
とにかく最高に楽しい一日だった。

 そしてこのあと、祝勝会に!とある場所へ行ったのだが…
それはまた今度書きます。
posted by napolin24 at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月15日

札幌人を東京に連れて行くと… 2日目

 初日の疲れはやはり残ってしまった。
ふくらはぎが軽く筋肉痛という中で2日目は、千葉マリンに日ハム×ロッテ戦を見に行く。
 一見たいしたことはなさそうではあるが、あと少しで埼玉という東京北部の私の家からは片道2時間強かかってしまう。 いつもなら年一回行けば…くらいの感じだが、今回は2日連続で行く。大丈夫だろうか?
 13時試合開始で、余裕も見て朝8時には家を出発。東京駅までは順調。しかし、やってきた「京葉線500m先」の表示に札幌人驚く。だが、ディズニーランドに行った時京葉線に乗ったことは一応あるらしい。

 海浜幕張に着く。バスも出ているが、スタジアム周辺を見たいとの希望により歩く。歩道橋に上がれば、マリンスタジアムが目に入る(写真)
im050903.jpg
しかし、こっからがなかなか見えているのに着かないのだ。結局、スタジアムに着いたのは10時30分近くだった。家から2時間半かかったことになる。
 これを体験しての札幌人の感想『2時間半、室蘭…じゃねえ!ヘタしたら函館行けんじゃねえの!?』 
札幌から函館まで特急なら3時間強、2時間半では八雲、森あたりまでだろうが道南に行っちゃってることは間違いない。
もはや立派な旅行だろう。

 えー、肝心の試合内容は、ダルビッシュが見殺しにされてしまい完封負け。
まあ相手が超苦手の渡辺俊介だから予想はできていたとはいえ。
そしてまた、超長い家路に着くのだった。もちろん、帰ったら即効で爆睡。
肉体的、精神的にどっと疲れた一日だった。
posted by napolin24 at 03:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月06日

札幌人を東京に連れて行くと… 初日

東京到着後飲んで、寝たのは午前3時過ぎ。で、起きたら午前11時。
早くも駄目生活のパターン突入か?

 東京でまず食いたいもの、の希望としてもんじゃ焼きが挙がったので、
最初の目的地として、まずは月島に向かうことにする。

 月島はうちからは大江戸線一本でいける。とはいえ、乗車時間は40分。
昨日羽田から大江戸線に乗って帰ってきたことで、大江戸線の狭苦しさを分かった札幌人は乗車時間の長さにあわや乗車拒否。

 月島で食ったもんじゃ焼きはうまかった。今までで初めてうまいと思った。
で、その後である。札幌人の行きたい場所は「国会議事堂」…微妙と思いつつも行く。ここまではまだよかった。その後である。

 「ここから六本木って歩いていけねえ?」
この発言にちょっと面白そうだな、と乗った自分も馬鹿だったかもしれない。というのも、自分の旅行のスタイルも基本的にはとにかく歩いてみる、という感じで数キロ歩くのは当たり前に近い感じがあったからだ。

 国会議事堂を出て歩く。暑い。それに加えて坂がきつい。六本木が坂なのは承知してはいたが思いのほかきつい。1時間くらい歩いただろうか。やっとの思いで六本木ヒルズに着く。
日が出ているうちに展望台に上ってみる。一度腰をかけると、もう立ち上がる気にもならず、結局かなりの時間いた気がする。

 その後は六本木周辺を回ったり池袋で飯を食ったり楽しくはあったが、初日から早くも筋肉痛が残りそうなきつい一日となってしまった。この先大丈夫だろうか。
posted by napolin24 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月02日

帰ってきた東京、で日記

 9月に入り、札幌から東京に帰ってきました。
しかし、今回は一人で帰ってきたのでははなく、
札幌で一番仲が良くまた私の札幌情報の仕入れ元でもある
札幌の師匠という感じの、そんな札幌人が一緒に上京して来ました。

 21時30分前新千歳発という、ほとんど最終便に近い便で羽田空港へ。

 札幌育ちの人間にとって、東京の第一関門はまず暑さ。
羽田空港に着くなり、札幌人の感想は、暑い。じめっとしてる。ここプールみたい、と。
自分もひさびさに東京の暑さを感じて、戻ってきたことを実感しました。

 東京の家についたのは、結局日が変わって0時30分過ぎ。
明日行きたいとこは?の質問に札幌人は「六本木ヒルズ。」 即答。
しょうがないので連れて行くことにします。
posted by napolin24 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一年ぶりの運転!結果は?

免許を取ってから、一年ぶりに車を運転する機会がやってきました。
交通量の多い東京では自信がない、年末や春に札幌に帰っても、一面雪で運転する気にならない…
ということで、結局一年かかってしまいました。
色々あってレンタカーを借りてドライブすることに。
免許なしの札幌の友達方を乗せてスタート。しかし、いきなり困難が。続きを読む
posted by napolin24 at 01:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。